BACK
記事No.160 返信フォーム [通常/引用表示]

[160] 青山が楽しみです!
□投稿者/ Spring Mountain -(2007/07/25(Wed) 14:48:15)
[引用]
文我さん、お久しぶりです。

息子ともどもお世話になっております。

あれは2年ほど前のことです。
入学前の小学校の面接で校長先生に
”お母さん、お子さんにたくさん本を
読んであげてください!”
と息子の前で言われて、母は困りました。

その当時、仕事がとても忙しく、ベビーシッター
さんに預けっぱなしという状態。
帰宅すると息子はいつもベッドの中。
困った私は、CD付の絵本を探しましたが見当たらず、
ええい、これでいいや!(失礼)
と、本屋でひっつかんだのが、偶然、文我さんのCD
だったのです。

それから息子は文我さんのCDに夢中になり、
すっかり落語に魅せられてしまったようです。
先日は、扇子が欲しいとねだられました。

その彼も2年生の夏休みを迎えます。
文我さんが東京にくいらっしゃる、とのこと
伝えたところ、
な、なんと、同じクラスにいる好きな女の子を
誘っていきたいとのこと。
なんと、渋い趣味なんだ。
落語がデートだなんて。
母の私でさえ少し引いてしまいました。

しかし、優しいその彼女は、うん、
と言ってくれたそうです。

文我さーん、青山でお目にかかれるのを
楽しみにしてます。
もちろん、母親の監視付です!




[161] Re: 青山が楽しみです!
□投稿者/ かつらぶんが -(2007/07/25(Wed) 15:18:44)
Res1
[引用]

Spring Mountainさま、 嬉しいお便りありがとうございました。
本当に渋いデートですね。
そう言えば、その昔、私の落語会で知り合い、ご結婚された方もおられました。
私の末娘は、今6年生ですが、年齢をなかなか教えてくれない女の先生に、それでもしつこく「50才ですか」と聞いたら、ドンピシャリだったそうで、「本当はもう少し上かなと思ったけど、『子ほめ』を思い出して、ちょっと下に言ってみたら当たってしまった」とのこと。
どこで役に立つ(?)かわかりません。
息子さんとその女の子も、また共通の話題で盛り上がってもらえれば嬉しいですね。
青山、宜しくお出かけ下さい。

 
レス1-50まで表示 / 最新レス50表示 / 全レス表示
△[160] 青山が楽しみです! へ返信
Name/ E-Mail/ 削除キー/
Title/  
Comment/半角2000文字以内
 
文字色/
枠線色/

- I-BOARD -